保守ニュース

政治経済、特定アジア、2chなどのニュースを中心にお伝えします。

2013年08月

【韓国】トンスル(糞酒)記事が世界18ヵ国語のニュースサイトに拡散 ⇒ ネチズンら「国家イメージに打撃」と激憤

■アルバニア: BalkanWeb(アルバニア語) 
http://www.balkanweb.com/bw_lajme2.php?IDNotizia=145686&IDCategoria=2693 
■イギリス: Daily Mail(英語) 
http://www.dailymail.co.uk/health/article-2398130/Ttongsul-bizarre-traditional-Korean-rice-wine-uses-human-POO-heal.html 
■イスラエル: makonnect(ヘブライ語) 
http://www.mako.co.il/hix-bizarre/Article-94a5a08da41a041006.htm?sCh=3d385dd2dd5d4110&pId=1879992884 
■イタリア: Storie del Vino(イタリア語) 
http://storiedelvino.com/poo-wine/ 
■インドネシア: Tempo(インドネシア語) 
http://www.tempo.co/read/news/2013/08/23/060506703/Ttongsul-Anggur-Beras-dari-Feses-Manusia 
■オランダ: VICE.COM(オランダ語) 
http://www.vice.com/nl/shorties/how-to-make-faeces-wine 
■セルビア: TELEGRAF(セルビア語) 
http://www.telegraf.rs/zanimljivosti/809182-vino-s-izmetom-mesaju-pice-sa-fekalijama-veruju-da-leci-bolesti-video 
■タイ: SpokeDark(タイ語) 
http://news.spokedark.tv/2013/08/23/ttongsul_rice_wine_korean/ 
■台湾: ETtoday(中国語繁体字) 
http://www.ettoday.net/news/20121112/126371.htm 
■中国: 新浪時尚(中国語簡体字) 
http://fashion.sina.com.cn/d/he/2013-08-22/161020467.shtml 
■ドイツ: Ad Hoc News(ドイツ語) 
http://www.ad-hoc-news.de/ttongsul-ist-ein-getraenk-das-mit-zugabe-von-reiswein-und--/de/News/31395992 
■ハンガリー: HIR 24(マジャール語) 
http://www.hir24.hu/elet-stilus/2013/08/21/gyerekurulekbol-keszul-a-del-koreai-csodaszer/ 
■ブラジル: Falandotudo(ポルトガル語) 
http://falandotudo.com/index.php/vinho-medicinal-sul-coreano-usa-fezes-fermentadas-de-crianca/ 
■フランス: VICE.COM(フランス語) 
http://www.vice.com/fr/shorties/how-to-make-faeces-wine 
■ベトナム: Nguoi lao dong(ベトナム語) 
http://nld.com.vn/20130821045245253p0c1050/ruou-thuoc-tri-bach-benh-lam-tu-phan-tre-em.htm 
■ボスニア: CAFE.BA(ボスニア語) 
http://www.cafe.ba/fun/117355_VIDEO-Vino-s-izmetom-Mijesaju-pice-sa-fekalijama-vjeruju-da-lijeci-bolesti.html 
■マケドニア: Nova Makedonia(マケドニア語) 
http://www.novamakedonija.com.mk/DetalNewsInstant.asp?vestInstant=23101 
■ルーマニア: VICE.COM(ルーマニア語) 
http://www.vice.com/ro/read/cum-sa-faci-vin-din-fecale 
■ロシア: Воронеж-Медиа(ロシア語) 
http://www.voronezh-media.ru/misc_out.php?id=1662 続きを読む

【潘基文発言】 松山外務副大臣、国連総長に無礼なアポなし面談で釈明強要

日本の政治指導者らの歴史認識を遠回しに批判した潘基文(パン・ギムン)国連事務総長に対し、 
日本政府が外務副大臣を直接会わせて釈明を要求するなど、日本のメディアと政府が相次いで潘 
事務総長に圧力をかけている。 

 だが、安倍晋三首相をはじめ日本の政治家たちが旧日本軍による慰安婦強制動員や日本の戦 
争犯罪を否定して近隣諸国を挑発している事実については言及していない。 

 欧州出張中の松山政司外務副大臣は28日、オランダ・ハーグで行われた「平和宮100周年記念 
行事」の会場で潘事務総長と会い、発言の真意を問いただした。時事通信が29日に報じた。 

 松山副大臣は事前の約束もなしに、会場で潘事務総長に近づいて釈明を求め、その場でしばし 
言葉を交わしたという。松山副大臣が潘事務総長に会ったのは、日本政府の報道官に当たる菅義 
偉官房長官の指示だったことが分かった。 続きを読む

【米国】「日本への原爆投下も国際法違反か」、シリア関連でロイター記者が質問 副報道官は回答避ける

原爆投下も化学兵器使用と同じ国際法違反か-。米国務省の定例記者 
会見で28日、ロイター通信の記者がシリアの化学兵器使用疑惑をめぐり、 
米国による広島、長崎への原爆投下の例を挙げて軍事介入の正当性について 
追及した。 

 米政府はアサド政権による化学兵器使用を断定。この日の会見でハーフ 
副報道官は国連安全保障理事会による武力行使容認決議なしに軍事介入 
することを念頭に、多数の市民を無差別に殺害したことが一般的に国際法 
違反に当たると強調した。 続きを読む

台湾の若者の間で日本統治時代に建設された日本家屋がブーム

中国・韓国が日々、反日を叫ぶ一方で、隣国・台湾ではいま“日本ブーム”が起きている。日本統治時代につくられた 
ごく普通の日本家屋が古き良き時代の日本カルチャーを支持する若者を中心に人気を博しているという。 

「休日には予約が殺到し、昨日は平日ながら満室でした。学生など若いお客さんは、日本の着物を着て記念撮影に興じています」 

 そう語るのは、台湾・新北市で民宿を営む林聰興氏。地域は日本統治時代に炭坑の街として栄え、 
民宿は当時の日本家屋を再生利用している。その名も『北海道民宿』。かつて住人が、 
建物の前の道を「北海道に似ている」と懐かしんだことに由来する。 

「押し入れなど、内装も日本様式のままです。手を加えると、若い人たちが怒るんですよ」(林氏) 続きを読む

【韓国】日本慰安婦被害のチェ・ソンスンさん、寂しく『永眠』

「16歳の時に父親の薬を買いに出かけて日本軍に捕まった。(慰安婦時代)とても苦しくて失性(気が 
狂うこと)した。日本軍が出て行くと後ろに向かって“パンパン”と叫んだ」 

去る24日に享年87歳で生涯を終えて、日本政府の謝罪を一言も聞けずに永眠した故・チェ・ソンスン・ 
ハルモニ(お婆さん)は、慰安婦で日本軍に徴集された当時の状況を生前に生々しく記憶していた。 

チェ・ハルモニは1927年、全北(チョンブク)高敞(コチャン)で生まれて育った。 

母親と早くに死に別れて2人の姉が嫁に出て行った後、5~6歳頃から弟(妹)の面倒を見て家の 
暮らしを見守った。 

そうして16歳になった頃、町内では日帝が『慰安婦』を強制徴集するという荒々しい噂が流れた。 

父親の薬を買いに家を出たハルモニは、16歳の若さで訳の分からないまま日本軍に連れられて 
日本行きの船に乗った。 

チェハルモニは、「日本軍が工場から輸出するにはクンアギ(年頃の娘=処女)が必要だと家々に 
令状を送った」とし、「日本へ行かなくてはならず、さもないと親まで怪我をすると脅迫した。私は巻き 
込まれないように隠れて過ごしていたが、父が病気で薬を買いに行って捕まった」と世を去る前に 
当時状況に関して録音記録を残した。 

こうして日本行に行きに乗ったチェ・ハルモニは、船で数えきれない暴力を受けた。 

チェ・ハルモニは「名前を汚す事は出来ない」という思いから、名前を問う日本軍に『キム・ボンイ』と 
いう偽名を名乗った。 

それから3年間ハルモニは日本の軍部隊で慰安婦生活をした。チェ・ハルモニは当時の記憶が 
あまり無いと生前に明らかにした。ただ「失性していたようだ」という供述だけを残した。 

解放されるとチェ・ハルモニは帰国して、全南(チョンナム)光州(クァンジュ)に住居を構えた。当時 
19歳だった。 続きを読む
楽天


Amazon
松崎しげる 日本国国歌斉唱 君が代

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ