保守ニュース

政治経済、特定アジア、2chなどのニュースを中心にお伝えします。

古屋公安委員長が靖国参拝 春季例大祭で、閣僚2人目

古屋圭司国家公安委員長兼拉致問題担当相は20日午前、東京・九段北の靖国神社を参拝した。春季例大祭(21~23日)に合わせる形で参拝した閣僚は、新藤義孝総務相に続き2人目。参拝後、記者団の問い掛けには無言だった。東京裁判のA級戦犯を合祀する靖国神社への参拝に中国、韓国の反発が予想される。

 古屋氏は第2次安倍内閣発足後、春と秋の例大祭期間中と、終戦記念日の8月15日にそれぞれ参拝した。今回の春季例大祭に合わせた参拝については今月18日の記者会見で「適宜適切に判断する」と述べていた。

 安倍晋三首相は昨年12月に参拝したばかりである上、オバマ米大統領の来日が近いことから参拝は見送り、代わりに「真榊」と呼ばれる供物を奉納する方向だ。

 首相は閣僚の参拝について、それぞれの判断に委ねており、新藤氏は今月12日に参拝した。

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140420/plc14042009370006-n1.htm 


 

続きを読む

パチンコ離れに歯止めがかかる気配はない、縮小するパチンコ市場、20年で参加人口3分の1

パチンコをする人が減っている。日本生産性本部の「レジャー白書2013」によると、 
パチンコ業界の売上高(貸玉料)は12年の時点で19兆円。 
95年には30兆円もあったので、この20年で4割落ち込んだことになる。 
 売上高よりも減少幅が大きいのは参加人口だ。20年前には3000万人近い人が 
パチンコを楽しんでいたが、今や1100万人と3分の1。 
若者を中心にパチンコ離れが進んでいる。10年前と比べ、10代男性の参加率は15%から2%、 
20代男性では50%から18%へと下落している。業界では分煙ルームを設けたり、 
若者に人気のアイドルを起用した台を導入したりするなど努力もしているが、 
パチンコ離れに歯止めがかかる気配はない。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140406-00000137-economic-bus_all 
 

 
続きを読む

【河野談話】自民・荻生田氏「新しい事実が出てくれば新しい談話を発表すればいい」→韓国外務省「容認できない」

韓国外務省は23日、萩生田光一自民党総裁特別補佐が河野洋平官房長官談話の検証に関し「新しい事実が出てくれば 
新しい談話を発表すればいい」と述べたことについて「きわめて遺憾であり、容認できない」と非難する見解を発表した。 

 韓国が日米韓首脳会談を受け入れた背景には、安倍晋三首相が河野談話を見直さないと明言したことが大きく作用した。 
韓国は萩生田氏の発言を事実上の見直し論と受け止めており、会談にも悪影響を及ぼす可能性がある。 
 韓国外務省は「安倍首相が河野談話を見直さないとはっきり言及したのに、政権与党である自民党総裁特別補佐を担う 
人物がこれを否定する見解を表明したことは、きわめて不適切だ」と批判。「この発言について、 
日本政府のはっきりとした立場表明があるべきだ」と訴えている。  

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140323-00000080-jij-kr 



 
続きを読む

「河野談話」検証 結論ありきは納得できぬ

 慰安婦募集の強制性を認めた平成5年の「河野洋平官房長官談話」について、菅義偉官房長官が「見直すことは考えていない」と明言した。

 根拠ない談話で日本の名誉は著しく傷つけられている。結論ありきの検証では、国民も納得できまい。談話の見直しは急務である。

 菅氏は10日の記者会見で、談話見直しはしないものの、検証については「きちんと行っていく」とした。

 見直さないなら、なんのために検証を行うのか。批判をかわすために、形式的に行うだけとも受けとられかねない。

 談話で慰安婦募集の強制性を認める唯一のよりどころとされた元慰安婦16人の聞き取り調査は、裏付けをとらずに行われていた。談話作成の事務方トップだった当時の官房副長官、石原信雄氏が先月20日の衆院予算委で証言し、認めている。

 さらに談話の原案段階から韓国側とすりあわせを行い、政治決着を急いだ日韓合作の作文であることが分かっている。事実を無視し謝罪を優先した「虚構の談話」であることが分かっているのに、見直さないというのは、検証を行うことと明らかに矛盾する。

続きを読む

「河野談話」見直し求め、千葉で署名活動 維新議員ら

慰安婦募集の強制性を認めた「河野洋平官房長官談話」の見直しを求め、日本維新の会の田沼隆志衆院議員(比例南関東)事務所は9日、千葉市中央区のJR千葉駅東口で署名活動を行った。同事務所によると、午後の4時間で238人が趣旨に賛同し署名した。

 署名した市内の男性会社員(34)は「河野談話は韓国の主張に合わせたものになっている。事実が異なるのであれば問題。早く検証してほしい」と話した。

 田沼氏によると、今後も維新を中心とした全国の議員らが街頭で同様の署名活動を行う予定。同氏の事務所は市内の主要駅で今月末まで週末に活動する。署名は同氏のホームページから用紙を入手してファクスなどで送ることもでき、9日までに約500人分が集まっているという。

続きを読む
楽天


Amazon
松崎しげる 日本国国歌斉唱 君が代

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ